未分類

新しい一年に向けて

今年は良いニュースも多かったのですが、一方で地震や台風、猛暑といった避けがたい災禍や気候変動も多くありました。

極端な環境変動に対応するには、心身への負担が掛かりやすい年だったかもしれません。

そのような気候の移り変わりを経て、新しい年を迎えようとしています。

年末年始は何かと特別なイベントを催したり、まとまった休みが取れたりなど、変化に応じて気をつけていない場合、日常生活の狂いが生じやすい時期でもあります。

飲食や睡眠時間の多寡など衣食住の変動による心身への負担は気血を乱し、カゼやインフルエンザなどの感染症を罹患しやすくなったり思わぬ病へ発展することもあります。

にわかに不調を感じられる方はお早めに養生等のご相談の上、治療を受けられることをお勧めいたします。

すべての物事に対応する陰と陽が存在し、常にさまざまな運動変化をしています。

災禍は転じて福になるものと信じ、皆様が健やかに過ごせるよう研鑽してまいります。

一年の感謝の気持ちを添えて、どうぞ良い年をお迎えくださいませ。