未分類

春の訪れとともに

新元号が「令和」と発表されましたね。

そして桜の開花も進み春らしくなってきました。生命がのびやかに活動を始める季節ですね。

この、のびやかに活動するにおいて、東洋医学で言うところの「肝の臓」が大きく関わり、生命活動に必要な血を蓄える働きを担います。春は生理的に「肝の臓」の気が活発に働こうとする季節でもあります。

しかし、まだまだ冷たい風が吹いたり、昼夜の気温差も大きく気候も不安定です。冬の養生が思わしくなかったり、日頃から寝不足や疲労を重ねていたりすると「肝の臓」の気が乱れ、のびやかになれず気血の流れに影響を及ぼします。気血の乱れよってギックリ腰など急な腰痛や膝痛を発症することもしばしばみられます。

また、春は風が強く、人体に影響を及ぼす風邪として感受すれば、寝冷えやカゼ症状が現れたり、アレルギー症状の一因となります。実際、大気の汚れをまとった花粉や粉塵によるものか、目の炎症や呼吸器疾患を訴えてこられるケースが増えております。

気になる症状がみられたり、お気づきのことがあればお早めにお問い合わせくださいませ。